読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医者も知らない腰痛の治し方。

症状名に振り回されてはは腰痛はよくならない!

整形外科などで「坐骨神経痛」「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「腰椎捻挫」と診断されたとしても明らかな神経圧迫症状が出てない限り痛みを出してる原因は体の歪みと筋肉であると言えます。

症状から治療方法を考え、手術やブロック注射など対処療法で解決しようとすると、腰痛が治るどころか悪化する危険もあります。

症状から対策を考えると根本の原因ではなく、対症療法に陥ってしまい、腰痛を引き起こす根本の原因を見失ってしまい、腰の痛みは解消しにくくなるのです。

腰痛は、体の歪みを引き起こす原因を正常に戻し、体のねじれやゆがみを整えることが自然で早く確実な腰痛の治し方です。

骨を動かす筋肉の機能を目覚めさせるために、筋肉に正しい刺激を与え、本来の動き方を思い出させると、骨格のゆがみは自然と整います。体が正常に動くようになれば、自然に体の痛み、腰の痛みは消え去るのです。

体が動く全体の構造や機能を無視して、痛みのある腰だけに注目していては、体の痛みの原因は突き止められず、その場しのぎの対症療法しかできないため、腰痛が治らないと言うことになります。まさに現代の腰痛治療の問題であると言えます。

 

腰痛の治療院選びの5つのポイント

1、腰痛の原因の多くは体の歪みと筋肉にあると理解しているか。

2、骨盤をはじめ体の歪みをしっかりみることができるか。

3、腰が痛いからといって腰だけしか触ってないか。

4、日常生活での注意点などを指導してくれるか。

5、原因と治療法をキチンと説明してくれるか。

この5つの中で一つでもできてない治療院ですと腰痛がなかなか改善されないかもしれません。

また腰痛をほっておくと体の歪みをほっておくのと同じで腰痛の悪化や歪みによって腰のみならず体のあちこちが悲鳴をあげてくる危険もあります。

www.ayano-seikotsuin.com

 

医者も知らない腰痛の現実とは!!その2

多くの腰痛の原因は体の歪みから!!

体に痛みがあるという状態は、すべてが悪いことではありません。「体の異常事態」を私たちに知らせてくれているわけです。「体に何か異常がおきてる!」という、危険が差し迫っていることを知らせる体からの叫びなのです。

 

人間の体の器官は中心線をはさんで左右対称。右目と左目、右方と左肩、右ひざと左ひざのように、内臓以外はすべてが対になっていて、常に左右でバランス良く同じことができるようにデザインされています。体を作っている骨や筋肉、じん帯、腱などの作りも、左右ともすべてまったく同一なのです。

体を正面から見ると、この大事な「足場」の結合部にあたる場所に8つの関節があります。

それらは4つの対になった肩関節、股関節、ひざ関節、足関節の8つの関節を、縦横に直線で結ぶと、すべてのラインが直角に交わり、左右対称になっていることに気づきます。

人間の体は、関節と筋肉で動くためにできています。しかし、運動不足で筋肉に適切な刺激を与えなかったり、誤った筋肉の使い方を繰り返していると、体は本来の姿勢を失い、筋肉と骨格の関係がアンバランスになってきます。

例えばどこかを痛めたとするとその無意識に痛みをかばって体を動かします。

この「かばう」という行為が「代償作用」を引き起こします

体がゆがみ、体がスムーズに動かなくなり、一部に負荷がかかり「これ以上危険です」という合図が、腰に痛みという合図を教えてくれているのです。

腰痛の原因は、腰に限らず、体全体のどこかが「ゆがみ」、その負担が「腰」に痛みを出した、ということ。

 

体の歪みが原因で腰痛が起きてるとすれば整形外科などでブロック注射やけん引などをしても決して治ることはありません。

www.ayano-seikotsuin.com

 

 

医者も知らない腰痛の現実とは!!その1

腰痛の8割が原因不明、その理由とは?

厚生労働省研究班から、日本では2800万人が腰痛に悩まされているという調査結果が発表されました。そして、腰痛の85%の原因が分からないとされています。

あなたも今まで整形外科等の病院で医者に

「腰痛の原因は何ですか?」

と質問しても、

「たぶん~でしょう」

というあいまいな答えしか返ってこなかった経験があるかもしれません。

レントゲンやMRI診断の結果、

「骨には異常ないですね」や「どこも悪くないですね」

と言われシップや痛み止めを出されておしまいというパターンが非常に多いです。

レントゲンやMRIによる診察で、腰に異常がない場合も多くあります。厚生労働省によるとなんと腰痛の85%が、レントゲンなどの画像診断で異常が見えない腰痛とされています。

そのため医師からは「安静にして様子を見ましょう。」と伝えられ、「痛み止め」や「注射」で痛みをごまかし緩和させる方法が取られます。

こうして、腰痛の本当の原因がわからないまま、ブロック注射や薬、手術など対症療法が続けられている例が多数みられます。

突然、腰が痛くなる「ぎっくり腰」の多くもレントゲンやMRI検査で見つけることができません。こうして、原因がわからず、腰痛に悩み続ける患者が多くなっています。

病院で腰痛の原因が分からないのは、骨の異常は目で見て発見できても、筋肉の委縮や硬直など、腰痛を引き起こしている体全体の異常は発見できないからです。

 

www.ayano-seikotsuin.com

日々の歪みを解消するストレッチ!!

1、ねじりのポーズ

1. 両足を真っすぐ伸ばして地べたに座る
2. 左膝を立て、右足の外側におく
3. 左手は体の後ろにおき、右手は左膝におく
4. 息を吐きながら状態を左後方を見るように左へねじる
5. 反対側も同様にする

 

2、半月のポーズ

1. 両足をそろえて立つ
2. 両腕をまっすぐに伸ばし、頭の上で両手を合わせる
3. 肘・膝を曲げずに上半身を右に傾けるようにゆっくり曲げる
※腰は動かさないように意識する
4. これ以上曲がらないところまで伸ばし静止する
5. ゆっくりと元の状態に戻る
6. 反対側も同様にする

 

デスクワークや習慣的な動作によって固まった筋肉をほぐし、体の癖をリセットするストレッチです。どちらのストレッチも10秒~30秒、気持ちが良いと感じる程度をキープしてください。

www.ayano-seikotsuin.com

自分でできる骨盤の3つの歪みチェック!!

1、日常生活での骨盤チェック

・いつも片方の靴ばかりすり減る
・何もないところでつまずくことがある
・座るときに、脚を組む癖がある
・立つときに、壁によりかかったり、片方の足に重心を置いたりしている
・歩いているとスカートが自然に回ってしまう

 

2、仰向けに寝て骨盤チェック

・楽に足を伸ばすと、つま先の開き方が左右で異なる

・仰向きで寝ているとつらい

・お尻と腰との間にすき間がある

・床から左右の腰骨までの高さが左右で異なる

 

3、鏡の前で骨盤チェック

・左右の肩の高さが違う

・腰の骨の高さが左右で違う

・横から見ると猫背になっている

・ウエストのくびれかたが左右で異なる

・両足をそろえて立つと両膝がつかない(O脚)

 又はカカトがつかない(X脚)

 

一つでもあてはまると骨盤が歪んでるかもしれません。

骨盤の歪みを自分でもチェックできます。
自分が抱えている体の不調や見た目で気になっているところは、骨盤のゆがみが原因が大きいので気をつけましょう。

 

www.ayano-seikotsuin.com

 

骨盤の歪みによって引き起こされる症状!!

骨盤は、子宮、膀胱、直腸などの臓器を守る役割を持ち、背骨と股関節ともつながっていることから、体のさまざまなところに影響を及ぼします。

骨盤から離れている場所でも、実は骨盤の歪み(ゆがみ)が原因だということも少なくありません。そこで、骨盤が歪んでいることによって起きる代表的な症状を、3つに分類してご紹介します。

①血行不良・冷えによるもの

・下半身太り(痩せにくい)
・生理痛・生理不順
冷え性
・便秘
不妊
・むくみ
子宮筋腫
・卵巣の機能不全

②骨格の歪み(ゆがみ)によるもの

・頭痛
・肩こり
・猫背
・腰痛
・O脚
・内臓下垂

③その他

・ホルモンバランスの乱れ
・自律神経の失調症
・静脈瘤
脳出血
脳梗塞

骨盤は人間の中心部分で土台となるところです。骨盤が歪むとその歪みを上でバランスをとろうとして上も歪みが生じてきます。当然足の長さも違ってきてくるので様々な体の不調が出てきやすくなります。

www.ayano-seikotsuin.com

骨盤の歪みの5つの原因とは?

1、姿勢が悪い

横座り、いつも同じ側に脚を組む、片足に重心をかけて立つ、体をねじったり、まっすぐ前を見ない姿勢(テレビなど斜めに置いてみている)を続けたりなど、片側に偏った姿勢をしていると、体が傾き、骨盤に歪み(ゆがみ)ができることがあります。

 

2、筋肉量の低下

骨盤の周囲には、骨盤を支える、腹直筋・腹斜筋・腹横筋という3つの筋肉があります。運動不足で筋力が低下すると、骨盤を筋肉で支えきれなくなり、骨盤が歪んでいきます。
さらに、筋力の低下で内臓が下がるのが、ぽっこりお腹が出る原因です。

 

3、出産

出産時に骨盤が開き、骨盤がゆるんだ状態にあることから、ちょっとした体の動きや、姿勢によって、骨盤が歪み(ゆがみ)やすくなります。
出産後は、赤ちゃんが産まれた瞬間に、開いた骨盤が元の位置に戻ろうとするのですが、妊娠中のホルモンバランスの乱れなどが影響し、元に戻らないこともあります。

さらに妊娠中の運動不足により筋肉量が低下しておりより歪みやすい体になっていいます。

 

4、横向き、うつ伏せで寝る

横向きやうつ伏せで寝ると、体に余計な負担がかかり、骨盤の歪み(ゆがみ)が生じます。仰向けよりも、横向き・うつ伏せで寝る方が楽だと感じている方は、すでに骨盤に歪み(ゆがみ)が生じている可能性が高いです。

 

5、カバンなど荷物をいつも同じ側で持つ

荷物を、いつも同じ側で持っていると、荷物の重みで体がそちら側に体重をかけるようになってしまいます。右肩や左肩のどちらかが下がった状態で歩くこととなり、それによって骨盤も歪んでしまいます。

 

みなさんどうですか?思い当たることがあると骨盤が歪んでいかもしれないので注意しましょう。