読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GWはいかがお過ごしでたか。

今年のGWも交通事故が多かったみたいです。

連休も終わってしまえばアッという間ですね。

連休中は海外旅行や国内旅行に行かれた方も多いと思います。

みなさんが遠出をされて交通事故などに巻き込まれていないことを願いますが万一交通事故に遭われてしまった方がございましたら当院にご相談下さい。

整骨院は交通事故治療指定院で整形外科病院や弁護士さんとも提携しており診断書や慰謝料なども安心です。

治療スタッフも交通事故治療の専門技術や知識を兼ね備えているので安心して治療を受けて頂けます。

 

どこかで交通事故治療を受ける際には次のことを必ず確認して下さい。

 

1、施術前にしっかりした問診や検査をしてくれますか?法律の知識はありますか?

痛みの箇所が同じでも、筋肉のつき方や体つきが違うように、人それぞれ原因は様々です。施術前に、詳しく症状を聞かないでいきなり治療に進んでいませんか?しっかりとした問診や検査をし、痛みの根本原因を把握することが早期回復につながります。

また、法律の専門家とも提携・アドバイスしてくれるのか確認しましょう。 交通事故治療は自賠責保険や示談交渉など、法律の専門知識が必要な場面が多々あります。 ご自身が治療に専念できる院を選ぶことがポイントです。

 

 

2、整形外科もしくは整骨院で電気だけの治療になっていませんか?

 

整形外科でレントゲンを撮ってもらい、「異常なし」と言われ、シップだけ処方された。という話を よく耳にします。それでも痛みを訴えると、「電気治療をしましょう」と言って電気をかけてもらう・・・ 1か月も通院しているのになかなか症状が改善されない・・・ レントゲンでは分からない、筋肉や関節の部分が損傷している場合があります。 治療院によって専門的な分野が違うので、症状がいつまで経っても改善されない場合は、 【治療院を変える】または【他の治療院と併用する】ことをおススメします。 治療を受ける患者様に治療院を選択する権利があります。 整形外科と整骨院接骨院を併用されたとしても、治療費は0円です。

 

 

3、診断書にご自身の症状が正確に記載されているか必ずご確認ください。

例えば、首と肩と腰を負傷しているにもかかわらず、肩についてのみしか診断書に 記載されていなかった場合は、後々患者様が治療をしていく上で不利に働いたりします。また、再度その病院に行っていただき、もう1度診断書を発行してもらう必要が出てくる場合もありますので、きちんと確認することが大事です。

 

 

これらのことを確認しておかないと満足に治療を受けられない、慰謝料で損をするなど被害者に不利になってしまうことがあるので十分にご注意下さい。

 

www.muchiuchi-sakai.net

 

 

恐怖!!交通事故治療の実例!

他人事ではない弁護士特約が必要な理由

先月3月に実際にあった実例を紹介します。

3月始めに交通事故で追突された患者さん来院。保険会社の担当の人は医者の指示がないと整骨院での治療は認められないと言われました。

そもそも医者の指示がなくても被害者の自由で適応されない法律はありません。

しかし保険会社の立場も考え近くの整形外科で受診してもらい診断と整骨院で治療する許可及び指示を頂きました。

患者さんも保険会社に報告したとのことで毎日治療に通院していただいてました。しかし3月末になっても保険会社から連絡も書類も送ってこないので当院から連絡すると担当者が変わったとのことで折り返しの電話がありました。

その内容がこれです。

 

当院「~さんが3月の初めから来院されているので書類のほうを送って頂きたいのですが」

保険会社「~さんには整骨院の治療を一切認めないと説明済なので整骨院には一切お支払いするものはありません」

当院「え?でも患者さんは実際に現在も治療に来られてますけど?」

保険会社「~さんが勝手に行ってるだけじゃないんですか。ウチには何も関係ありません」

当院「え?~さんは医者の許可があれば整骨院に通っても良いと思ってますよ。実際に医者の診断と指示があれば法的にも何の問題もないんじゃないんですか?」

保険会社「だったら法的根拠を示してください。とにかくウチはもう処理済ですから関係ありません。」

当院「担当が変わったんですよね、その時に正確に引継ぎが出来てなんじゃないんですか?最初の担当者の話では医者の指示があれば整骨院に行っても良いという話で患者さんもその認識ですけど」

保険会社「そんなことありません。説明済で調書にもそうなっています。だから整骨院にお支払いするものは一切ありません」

 

この後も色々と説明しましたが処理済とウチには関係ないの一点張りでこちらの話をまともに聞こうとしてくれませんでした。

仕方ないので患者さんと相談して弁護士特約を使って弁護士を通すことになりました。

後日弁護士さんから電話で連絡があり法的に何の問題もないのでしっかり治療をして下さいとのことでした。

しかも弁護士さんが法的に何の問題もないですよね、という話に対しての保険会社の言い訳が「医者の指示が出てるなんて聞いてませんでした」であったそうです。

 

保険会社によってはこのように平気で嘘をつき被害者である患者さんを不当に陥れようする人間が存在します。ちなみに今回の保険会社とは全労済です。

今回は特にひどかったですがこれまでも似たような例は沢山あります。

ですからみなさんには任意保険に入る時は弁護士特約をつけることを強くおすすめします。交通事故に遭わないのが一番良いですが万一の為に備えておいて下さい。

 

www.ayano-seikotsuin.com

医者も知らない腰痛の治し方。

症状名に振り回されてはは腰痛はよくならない!

整形外科などで「坐骨神経痛」「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「腰椎捻挫」と診断されたとしても明らかな神経圧迫症状が出てない限り痛みを出してる原因は体の歪みと筋肉であると言えます。

症状から治療方法を考え、手術やブロック注射など対処療法で解決しようとすると、腰痛が治るどころか悪化する危険もあります。

症状から対策を考えると根本の原因ではなく、対症療法に陥ってしまい、腰痛を引き起こす根本の原因を見失ってしまい、腰の痛みは解消しにくくなるのです。

腰痛は、体の歪みを引き起こす原因を正常に戻し、体のねじれやゆがみを整えることが自然で早く確実な腰痛の治し方です。

骨を動かす筋肉の機能を目覚めさせるために、筋肉に正しい刺激を与え、本来の動き方を思い出させると、骨格のゆがみは自然と整います。体が正常に動くようになれば、自然に体の痛み、腰の痛みは消え去るのです。

体が動く全体の構造や機能を無視して、痛みのある腰だけに注目していては、体の痛みの原因は突き止められず、その場しのぎの対症療法しかできないため、腰痛が治らないと言うことになります。まさに現代の腰痛治療の問題であると言えます。

 

腰痛の治療院選びの5つのポイント

1、腰痛の原因の多くは体の歪みと筋肉にあると理解しているか。

2、骨盤をはじめ体の歪みをしっかりみることができるか。

3、腰が痛いからといって腰だけしか触ってないか。

4、日常生活での注意点などを指導してくれるか。

5、原因と治療法をキチンと説明してくれるか。

この5つの中で一つでもできてない治療院ですと腰痛がなかなか改善されないかもしれません。

また腰痛をほっておくと体の歪みをほっておくのと同じで腰痛の悪化や歪みによって腰のみならず体のあちこちが悲鳴をあげてくる危険もあります。

www.ayano-seikotsuin.com

 

医者も知らない腰痛の現実とは!!その2

多くの腰痛の原因は体の歪みから!!

体に痛みがあるという状態は、すべてが悪いことではありません。「体の異常事態」を私たちに知らせてくれているわけです。「体に何か異常がおきてる!」という、危険が差し迫っていることを知らせる体からの叫びなのです。

 

人間の体の器官は中心線をはさんで左右対称。右目と左目、右方と左肩、右ひざと左ひざのように、内臓以外はすべてが対になっていて、常に左右でバランス良く同じことができるようにデザインされています。体を作っている骨や筋肉、じん帯、腱などの作りも、左右ともすべてまったく同一なのです。

体を正面から見ると、この大事な「足場」の結合部にあたる場所に8つの関節があります。

それらは4つの対になった肩関節、股関節、ひざ関節、足関節の8つの関節を、縦横に直線で結ぶと、すべてのラインが直角に交わり、左右対称になっていることに気づきます。

人間の体は、関節と筋肉で動くためにできています。しかし、運動不足で筋肉に適切な刺激を与えなかったり、誤った筋肉の使い方を繰り返していると、体は本来の姿勢を失い、筋肉と骨格の関係がアンバランスになってきます。

例えばどこかを痛めたとするとその無意識に痛みをかばって体を動かします。

この「かばう」という行為が「代償作用」を引き起こします

体がゆがみ、体がスムーズに動かなくなり、一部に負荷がかかり「これ以上危険です」という合図が、腰に痛みという合図を教えてくれているのです。

腰痛の原因は、腰に限らず、体全体のどこかが「ゆがみ」、その負担が「腰」に痛みを出した、ということ。

 

体の歪みが原因で腰痛が起きてるとすれば整形外科などでブロック注射やけん引などをしても決して治ることはありません。

www.ayano-seikotsuin.com

 

 

医者も知らない腰痛の現実とは!!その1

腰痛の8割が原因不明、その理由とは?

厚生労働省研究班から、日本では2800万人が腰痛に悩まされているという調査結果が発表されました。そして、腰痛の85%の原因が分からないとされています。

あなたも今まで整形外科等の病院で医者に

「腰痛の原因は何ですか?」

と質問しても、

「たぶん~でしょう」

というあいまいな答えしか返ってこなかった経験があるかもしれません。

レントゲンやMRI診断の結果、

「骨には異常ないですね」や「どこも悪くないですね」

と言われシップや痛み止めを出されておしまいというパターンが非常に多いです。

レントゲンやMRIによる診察で、腰に異常がない場合も多くあります。厚生労働省によるとなんと腰痛の85%が、レントゲンなどの画像診断で異常が見えない腰痛とされています。

そのため医師からは「安静にして様子を見ましょう。」と伝えられ、「痛み止め」や「注射」で痛みをごまかし緩和させる方法が取られます。

こうして、腰痛の本当の原因がわからないまま、ブロック注射や薬、手術など対症療法が続けられている例が多数みられます。

突然、腰が痛くなる「ぎっくり腰」の多くもレントゲンやMRI検査で見つけることができません。こうして、原因がわからず、腰痛に悩み続ける患者が多くなっています。

病院で腰痛の原因が分からないのは、骨の異常は目で見て発見できても、筋肉の委縮や硬直など、腰痛を引き起こしている体全体の異常は発見できないからです。

 

www.ayano-seikotsuin.com

日々の歪みを解消するストレッチ!!

1、ねじりのポーズ

1. 両足を真っすぐ伸ばして地べたに座る
2. 左膝を立て、右足の外側におく
3. 左手は体の後ろにおき、右手は左膝におく
4. 息を吐きながら状態を左後方を見るように左へねじる
5. 反対側も同様にする

 

2、半月のポーズ

1. 両足をそろえて立つ
2. 両腕をまっすぐに伸ばし、頭の上で両手を合わせる
3. 肘・膝を曲げずに上半身を右に傾けるようにゆっくり曲げる
※腰は動かさないように意識する
4. これ以上曲がらないところまで伸ばし静止する
5. ゆっくりと元の状態に戻る
6. 反対側も同様にする

 

デスクワークや習慣的な動作によって固まった筋肉をほぐし、体の癖をリセットするストレッチです。どちらのストレッチも10秒~30秒、気持ちが良いと感じる程度をキープしてください。

www.ayano-seikotsuin.com

自分でできる骨盤の3つの歪みチェック!!

1、日常生活での骨盤チェック

・いつも片方の靴ばかりすり減る
・何もないところでつまずくことがある
・座るときに、脚を組む癖がある
・立つときに、壁によりかかったり、片方の足に重心を置いたりしている
・歩いているとスカートが自然に回ってしまう

 

2、仰向けに寝て骨盤チェック

・楽に足を伸ばすと、つま先の開き方が左右で異なる

・仰向きで寝ているとつらい

・お尻と腰との間にすき間がある

・床から左右の腰骨までの高さが左右で異なる

 

3、鏡の前で骨盤チェック

・左右の肩の高さが違う

・腰の骨の高さが左右で違う

・横から見ると猫背になっている

・ウエストのくびれかたが左右で異なる

・両足をそろえて立つと両膝がつかない(O脚)

 又はカカトがつかない(X脚)

 

一つでもあてはまると骨盤が歪んでるかもしれません。

骨盤の歪みを自分でもチェックできます。
自分が抱えている体の不調や見た目で気になっているところは、骨盤のゆがみが原因が大きいので気をつけましょう。

 

www.ayano-seikotsuin.com