読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医者も知らない腰痛の現実とは!!その1

腰痛の8割が原因不明、その理由とは?

厚生労働省研究班から、日本では2800万人が腰痛に悩まされているという調査結果が発表されました。そして、腰痛の85%の原因が分からないとされています。

あなたも今まで整形外科等の病院で医者に

「腰痛の原因は何ですか?」

と質問しても、

「たぶん~でしょう」

というあいまいな答えしか返ってこなかった経験があるかもしれません。

レントゲンやMRI診断の結果、

「骨には異常ないですね」や「どこも悪くないですね」

と言われシップや痛み止めを出されておしまいというパターンが非常に多いです。

レントゲンやMRIによる診察で、腰に異常がない場合も多くあります。厚生労働省によるとなんと腰痛の85%が、レントゲンなどの画像診断で異常が見えない腰痛とされています。

そのため医師からは「安静にして様子を見ましょう。」と伝えられ、「痛み止め」や「注射」で痛みをごまかし緩和させる方法が取られます。

こうして、腰痛の本当の原因がわからないまま、ブロック注射や薬、手術など対症療法が続けられている例が多数みられます。

突然、腰が痛くなる「ぎっくり腰」の多くもレントゲンやMRI検査で見つけることができません。こうして、原因がわからず、腰痛に悩み続ける患者が多くなっています。

病院で腰痛の原因が分からないのは、骨の異常は目で見て発見できても、筋肉の委縮や硬直など、腰痛を引き起こしている体全体の異常は発見できないからです。

 

www.ayano-seikotsuin.com